リセット住宅(リフォーム)

vol.3 U様

一体感のあるLDKが欲しい
コスト削減プラン
父・母・子
夢ハウスを選んだきっかけ
外壁が傷んできたので何とかしたいと、モデルハウスが近くにあった夢ハウスに相談したのがきっかけ。
after before
リセット前の状態
外壁が剥げてきていた。15年前に新築した家だったが、家族(特に奥様)の希望がまったく叶っていなかった。自宅で仕事をしている奥様のプライベートと仕事場の境界がなかった。
リセット
経緯からご提案まで
  • 当初は外観のみの相談だったが、満足していない家だと聞きさまざまな希望をリフォームで叶えられると提案。
  • 外壁を調べてみると、内部結露の影響で骨組みまで傷みが進んでいたため、腐食の激しい1階の柱は交換する。
  • 自宅で仕事をする奥様の希望にそって改善するが、ローンが残っているため、大掛かりな変更はしない。
  • まだ築15年しかたっていないため、キッチン、ユニットバス、洗面などの設備が使用できるものはそのまま使い、できるだけ費用の負担を減らした。
和室の必要性よりも家事動線を優先
img_voreform_d3_b1
Before
和室がリビングとダイニングキッチンの間にあり、小上がりになっていることから空間を小さく区切ってしまっていた。
After
リビングとキッチンに挟まれる位置にあった和室と段差をなくしたことで、動線上のストレスが解消された。
img_voreform_d3_a1
img_voreform_d3_a2
腐食した柱を交換し、安心の構造に
img_voreform_d3_b2
Before
外壁の傷みを調べたところ、原因は高気密住宅にもかかわらず壁内に通気がとられなかったために生じた内部結露にあった。影響は骨組みにまで及び、1階の柱は何本か腐食が進んでいた。
After
特に腐食が進んでボロボロになっていた1階の一部の柱は交換し、構造をしっかりさせた。
和室をリフォームして、こども部屋に
img_voreform_d3_b3
Before
新築当時ちゃんとした子供部屋がなかった。そろそろ個室をつくってあげたいと思っていた。
After
2階にあった床の間のある和室を洋室にリフォームし、仕切られた子供部屋にした。壁面に設けた開口部のおかげで、吹き抜けを通して1階ともつながる。
img_voreform_d3_a3
img_voreform_d3_a4
リビングは吹き抜けにして明るく、暖かく
Before
旧宅を新築の際、吹き抜けを希望したが、反映されたのは玄関の上部にわずかな採光のために設けられたものだけだった。
After
一体感をもたせたLDKは吹き抜けにして2階とつながるようにした。開放感が加わっただけでなく、冬は薪ストーブの熱が2階にまでまわって家中が暖かくなった。
家づくり3つのポイントはこちら
ショールーム

ショールーム

〒671-0232
姫路市御国野町御着1048-3
OPEN / 10:00~17:00
みんなが笑顔になる幸せの住まい。
お気軽にご来場ください。
見学のご予約専用ダイヤル 079-252-8122
ショールーム見学のご予約はこちら

お問い合わせ

姫路・高砂・加古川・相生・明石の新築一戸建て・
注文住宅なら須々木工務店へお気軽にお電話下さい。

079-252-3701

資料請求はこちら 新築・リフォームのご相談はこちら